top of page
  • takagiarchitect

ランドセルショールームが完成しました


静岡駅北のビル地下へ、「森」をコンセプトとしたランドセルショールームを設計しました。

改装後
改装前

設計にあたり、下記を意識しました。

・見上げた際の奥行感を出すために天井は貼らず、設備配管は目立たせない

・森のやわらかさを表現するため、金具を隠す

・囲まれた空間でありつつ、圧迫感は無くす

・ランドセルが映える内装とする


ルーバーの寸法・間隔の検討には、BIMを使用しました。

図面を3Dで確認できるため、見栄えの良い寸法を探る中で、とても役立ちました。

BIM作成イメージ
竣工写真

ルーバーは反りを考慮し、集成材を使用。工場で製材し、現場で組み立てました。

高さ3Mのルーバーを立て起こす作業は、大人4人がかりで行いました。

ルーバーは上から吊り、部材間はボルト接合、脚部はL字金物に差し込み、固定金具を隠しました。


設備配管は黒く塗装し、下向きのスポットライトをルーバー間に設置することで目立ちにくくしました。


ランドセルが映える様に、ルーバーの形状は統一させました。

ルーバー・ベンチ・デスク等は同種の木材で作成することで、色のばらつきを減らしながら、自然材を取り入れました。

ランドセル裏にはパネルを付け、展示空間を縁取りました。


照明は、ルーバーに当てて、見かけの重みを軽くするとともに、自在に色が変えられる製品を採用することで、四季に合わせて違った空間が演出できます。

春を意識して全体的に薄ピンクの照明へ変更

草原をイメージした色味のタイルカーペットを床材とし、倉庫への搬入経路は材質を変え、敷き方に変化をつけ、遊び心を持たせました。


ショールーム周囲は前面ガラス貼りのため、ルーバーは目隠しの役割も持っています。

ショールーム入口
地下道からの外観

地下に表れた「森」に、ショールーム来場者だけでなく、道行く人も癒される存在になれば嬉しいです。



総合デザインプロデュース・基本構想:株式会社プラン・ドゥ

設計・監理担当:豊田・小倉  

文章担当:小倉





閲覧数:64回0件のコメント

Comments


bottom of page