弊社創業者の高木滋生が生前、建築家は「家ではじまり、家で終わる」と申しておりましたが、有言実行、最後に手掛けたのが当該住宅です(ゲストハウス)。
隣接する酒造が、明治時代から続く家屋であることに対して、ゲストハウスは鉄筋造りでガラス面を多用していますが、上手に調和できた建物として完成しました。
内部としては、豊かな吹き抜け空間が魅力的です。