特定非営利活動法人風の会様の理念のもと、精神的な障害がある方々等の退院後の受け入れ施設として共同生活援助のできる建物として建築したグループホームです。

“作業所に通いたいけれど、遠くて大変だ”と思っている方。

“将来の独り暮しへ向けての準備をしたい”と思っている方。

“地域での生活に慣れていきたいけれど、一人だと不安だ”と思っている方。

“親が亡くなった後に独りになってしまうのが不安だから自立の訓練をしたい”と思っている方。

そんな方たちにも安心して暮らせるように創意工夫をしております。

外部は周辺環境に馴染むように外壁等を落ち着いた色にしており、元々この場所に建っていたかのような周辺環境への調和を実現しております。

内部は木目の床で実家にいるような安心感を持てる造りとしており、入居者が集まる居間は他よりも天井が高くのびのびと過ごすことが可能です。

今回建物は木造2x4工法を採用しており、在来工法よりも建物自体が頑強な造りとなっており、入居者様の安全を確保しています。