保育園と知的障害児通園が一体になった、全国的にみても数少ない試みであり、目的であります「統合保育」をどのように具現化し建物に範囲させるのが大きな課題でありました。
平面計画では、各機能を明確なゾーン分けが必要とされましたが、「統合保育」実現のため、中庭を含む共有ゾーンで緩やかにつなぎ、お互いの日常生活を意識しあうことが出来るように配置しました。
また、やわらかな曲線で中庭を優しく包み、優しい印象を建物を目指しました。そしてメインエントランス部はガラス張りに開放的な空間とし、来援する子供たちがワクワクできる演出を盛り込みました。
外観・内観計画では、幹線道路沿いにランドマークを意識したカラフルな菱葺板金を配し、また内部の一部にカラフルな配色を使用しているが、その他は白や木目調で統一し、子供たちに「落ち着いた」「楽しい場所」を連想させるとともに、卒園後の心像風景になるよう検討を行いました。